『Fourth dimension〜進化するデザイン〜』

 
シャンタンやオーガンディ、綿ナイロンやシフォンなどを使用。ドレープがタックとなり、プリーツも徐々に細くなっていくことで、流れる布に時が刻まれる様子をデザインに落とし込みました。3次元の洋服に時間をプラスすることで、テーマである4次元を表現しています。今回学ぶことも多く、服作りに対する考えが変わりました。
 
中ノ瀬千秋
田山淳朗 選出