『interior』

 
ドレスをスタンドに組ませて光をともすと、裏地にあしらった花柄が浮き出る仕掛けにして、フロアランプを表現してみました。反省点はインテリアに寄りすぎた作品になってしまったこと。服とインテリアの間をいくバランスが大事だと痛感しました。
 
五十嵐一貴
滝沢直己 選出