『線の重ね着』

 
線を重ねることで生まれた奥行きや立体感に、新しいものづくりの可能性を感じました。通常のレイヤードではなく、線自体がそれぞれ層になるようデザイン。ミシンを使わず直線のパーツとクリアビスで構成することで成り立っています。布と違ってダーツを入れることができないのでパターンにはとても苦労しました。
 
井上翔哉
三原康裕 選出