『ボタンを使用しないボタンホール』

 
ボタンホールにひもを通すことで、サイズの調整が可能になり、またひもを編み込むことで装飾としても表現。シルクと綿を使用し、同じ白でもニュアンスの違う白の重なりを重視しました。ボタンホールの違う一面を見つけ、新たに価値をもたらす作品になったと思います。今後はもっと雰囲気のある服を作っていきたいです。
 
吉崎結一
津森千里 選出