『人体』

 
社会全体の人体に対する様々な固定概念やバランスを欠いた考え方に疑問と反感を持ち、このテーマで製作しました。常に動いている人体を表現するために用いた幾何学模様は部分ごとに柄を組み立てマスキングテープで縫い目を隠し染色。トップとボトムが作る不思議なシルエットで人体の力強さを表現しました。
 
和田行生
コシノジュンコ 選出