『のら』

 
野良着を現代の人が着たらどうなるか、また、〝壊れたら直す〟という精神を大勢に知ってもらいたいと思い、「のら」をテーマにしました。現代的なディテールには新しい生地を使用しましたが、ほぼ自分の周りにあった古布を使っています。手作業での縫製や刺し子は大変でしたが、独特な空気感が出せたと思います。
 
天池菜月
髙島一精 選出