『筋を纏う』

 
筋肉の解剖学的構造からヒントを得てデザインしました。筋繊維の動きとシルエットの変化を表現するためにパイピングテープの中にヒモを仕込み一枚のパターンの上に縦横無尽に敷きつめ、そのすきまを等間隔に糸で留めました。引っ張ると様々なシルエットに変化させることができ、服としての筋の動きがよく分かります。
 
平元 聡
コシノジュンコ 選出