『掘出し物』

 
パリの蚤の市やおばあちゃんの部屋、古本屋などにある、誰の目にも留まらない、ごみとして扱われるものに光を当て、自分で手を加えることで、それらを価値あるものとして再生したい。その思いを服にしてみました。木の枝を使用して作ったオリジナルのかばんにも注目してほしいです。
 
廣田理恵
津村耕佑 選出