『Life-like』

 
衣服に生き物のような生命があったら、人々が衣服に向き合う気持ちが変わるのでは?という考えがデザインの始点です。複数の部分が集まり一つの個体を構成していると考え、小さなパーツを衣服に大量に手縫いしました。全体にうねりを与えて、生命の躍動感や意思のようなものを感じさせるものに仕上げました。
 
日下宗隆
髙島一精 選出