『生物的ストライプ』

 
トタンの壁に広がったサビからイメージを受け、その自由で不規則なストライプ柄で新しいオリジナルのテキスタイルを作りたいと思って製作。コットンリネンのダブルガーゼとポリエステルの生地に線香の火でストライプ柄をつけました。柄やバランス、生地の分量など、100%自分のさじ加減で製作できたことがおもしろかったです。 
 
本川晴美
田山淳朗 選出