『刺し子を楽しむ』

 
刺し子の本を見て、刺し子の模様や歴史、用途などに興味を持ちデザインしました。作り終えて全体の色合いや色のバランスをもっとしっかり考えられたらよかったと思いました。とにかく刺し子という作業はとても大変だったけれど、刺し子をしている時がいちばん楽しかったです。
 
松下 優
田山淳朗 選出