『花と緑』

 
身近にある植物、街角や庭先など植物のある風景からインスピレーションを受け、「花と緑」をテーマにデザイン。麻や綿サテン、トワルシーチングなどを使用し、植物を意識したフォルムやラインで構成。アイディアとイメージには自信があったのですが、形にする段階で技術不足を痛感し、納得のいく作品にできなかったのが残念です。
 
湯川誠也
廣川玉枝 選出