『入り組む服』

 
これまでは多重織りを用い裁断、縫製なしに服を作ることに取り組んできましたが、より自由度を増すために、多重組織+裁断・縫製=立体的な服というテーマに挑みました。素材選びには満足していますが、織り機の幅や綜絖の枚数の制限により思っていたほどボリュームが出せなかったのが残念です。今後は縫製やカッティングにも力を入れたい。
 
石川 鈴
山本耀司 選出