『姿勢の姿勢』

 
“アフォーダンス”という考え方に影響を受け、座った状態の服を着用することで何か新しい提案ができないかと思い、形態機能研究所に協力をいただき、石膏取りをして座位の型を作り、それを使って今回のテーマを表現してみました。基本の形状を分かりやすくするため、白くて張りのある素材を使用し、ファッション性を取り除いています。
 
竹内大悟
津村耕佑 選出