『size is size〜身体の差異〜』

 
この作品を製作しようと思ったきっかけは自分たちが着ている服と学校で作っている服に違和感を感じたからです。ビニールのコルセットと大きなストライプ柄のシャツを合わせて、ファッションのための体(不特定多数のための衣服)と生身の体(一人一人個人の体)との間に派生する差異を服に落とし込みました。
 
竹内大悟
菱沼良樹 選出