『腐敗』

 
作品のテーマである「腐敗」していく様子を、服全体のゆがみや生地の加工、染色で表現しました。ものが腐敗してさびていく表情や雰囲気がとても美しくて、そういった様子を服に落とし込んだらどうなるのだろう、という発想からデザインしています。
 
竹内宏明
丸山敬太 選出