『寝ちがえた服』

 
テーマの「寝ちがえた服」とは、女の子が朝起きて、父親の服を寝ぼけて着てしまったという想像から生まれました。定番アイテムを組み合わせて作るので、でき上がりのイメージが見えにくく、形出しには苦労。フォルムやボリューム感、着方がわからず適当に着てしまうという「おもしろさ」が伝わればと思います。
 
若杉健登
髙島一精 選出