『3D Dot 立体的水玉模様』

 
誰もが知っているものから新しさを見いだしたいと思い、コンセプトを選定しました。柄物の定番であるドット柄を多角的にとらえ、立体的に表現。シルエットやディテールとして採用しました。様々な素材を試した結果、表地にはベビーカーフレザーを使用しています。働きながらの制作なので、時間配分が大変でした。
 
西形勇人
田山淳朗 選出