『ツルをあむ』

 
ツルでできているバッグを見て、この編み方や質感を服へと溶け込ませることができたらと思い製作。カゴの編み方を研究して、ワックスコードを使いモチーフを作りました。デザイン画のようなボリューム感を出そうと思ってましたが、なかなか時間もなく、モチーフが少なくなってしまったのと、編み方を追求しきれなかったのが残念です。
 
近藤亜季
津森千里 選出