『布の鎧』

 
日々の生活の中で、自分を含め周囲の人間が何かに立ち向かい生きている様が、まるで目に見えないよろいを身につけた戦士のように見え、それを服で表現しました。凛然たる西洋甲冑をイメージした左半身のフォルムに、自分の世界観を込めました。緻密な表現をした甲冑部分と、スーツという異色のイメージの組合せに自信があります。
 
陳 聖雅
菱沼良樹 選出