『石と花』

 
テーマに「石と花」を掲げ、過酷な環境でも強く咲く花と異なるイメージの石が共存する自然の様子を女性に見立ててデザイン。石を表現した白い生地は、古く希少な単環縫いの毛皮用ミシンを使用して立体的に縫い上げました。このミシンならではのステッチをシルバーのラメ糸を用いて強調したところもポイントです。
 
青木春七
津森千里 選出