『TaKe』

 
竹の成長の早さや、再生能力の高さを生かし、様々な分野の材料として積極的に使用することで、竹をもっと有効活用できるのではと思い、このテーマに至りました。フォルムは、駿河竹千筋細工の花器からインスピレーションを受けてデザイン。職人さんとの共同作業で作り上げた作品は、デザイン画の雰囲気に近づくことができたと思っています。
 
高木道生
皆川 明 選出