『大芸術から小芸術へ イレモノ製作』

 
建築も服も、人が入る入れ物ととらえ、チェコのプラハにあるキュビスム建築や工芸品、そしてそれらを作るプラハの職人たちの精神からインスパイアされデザインしました。ポリエステルサテンに部分的に透明箔で加工したテキスタイルを使用しています。加工とディテールによる陰影のめりはりやアクセサリーに注目してほしいです。
 
古賀文也
田山淳朗 選出