『ラインの浸透』

 
体の構造やボディを思わせるようなラインの研究をしようと思い、自分のコンセプトを念頭に置きながらコラージュした後、デザイン画を制作。この画をそのまま服にできたらおもしろいのではと思い応募しました。使おうとしていた生地が用意できず、メルトンに変更してしまいましたが、立体的なフォルムを出すことはできたと思います。
 
萩原和紗
田山淳朗 選出