『Living and fear』

 
「Living and fear」をテーマに、今自分が感じる恐怖と、日常生活で見かける女性の生活感、ドレスアップとドレスダウンをデザインに落とし込みました。デザインにおける自己満足は果たして本当にNGなのかという疑問を表現しています。フェルトや中綿を入れたシルクサテン、加工したツイードを用い、独特の重みを出せたと思います。
 
須藤 翔
丸山敬太 選出