『implant』

 
シームに曲線プリーツをインプラントし、新しい立体的なフォルムをサイドスタイルから形成したこの作品は、第85回装苑賞に応募した時のテーマ「衣服解剖」からの発展形です。大量生産には不向きな曲線プリーツを、量産できるよう考案。サテンオーガンディを使用した軽やかさと、曲線プリーツが作る立体的なフォルムを見てください。
 
川﨑健次
コシノジュンコ 選出