『花模』

 
テーマは「花模」。雪の結晶である"雪花"をかたどり、レザーカットで作ったサイズ違いのモチーフを、人工的なタッチで表現するため、糸ではなく鋭いメタルの飾りでつないでいきました。永遠に咲き続ける人工の花々で作る人為的な作品で、自然との対立を表現しました。これからも、新しい服作りの方法を追求していきたいです。
 
章 少茵
丸山敬太 選出