『A hANgiNG wEaR-床ノ間に飾る衣服-』

 
洋服は日本古来の文化ではないですが、衣服ととらえたときに日本文化を感じることができました。衣服には伝統工芸品と通じるところがあると考え、家の中に飾ることをメインにした服を制作しました。古田織部の焼き物の柄を現代のボーダーと融合させたプリントには自信があります。重ね着したときの柄の透け感と全体のフォルムに注目してほしいです。
 
上田陽絵
菱沼良樹 選出