『Geometry-wear(幾何学—纏う)』

 
建築や折り紙といった直線的なものをデザインソースにしています。人体が衣服をまとううえで、すべて幾何学形態に落とし込んでパターン化することは、人体構造と運動機能をある程度無視しなければ作り込むことができません。それでもそれを追求することでデザインの糧になると思ったので、このテーマに挑戦しました。
 
飯塚絵美
岩谷俊和 選出