選者:三原康裕
作者自身が着ていそうな、ストリートスタイルがここにあります。「フライヤーを体に貼っている服」と説明してしまうと、誰が見てもこれがポスターを表現したものに思ってしまいますから、余計な説明をつけず、コンセプチュアルアートのように提示するのが最適な作品ではないでしょうか。説明しないことで、「手袋かと思ったら靴下だった!」という驚きを得られますから。作風はまだ荒削りですし、作者は「洋服好き」としての自分に、「クリエイション好き」としての自分が追いついていない状態なのでしょう。その両方のバランスがとれれば、きっといい服作りができます。ストリートカルチャーから生まれる服であるならば、おしゃれでなくてもいいですし。作者が作ったポートフォリオの中には、ギターストラップを服にしていたり、おもしろいエッセンスが詰まっています。アイディアを妙に賢くデザインするのではなく、そのまま形にすれば強いものが生まれてくるはず。
石神翔平