「あの日の想いがヴィンテージに変わるとき。」
谷 啓太