選者:髙島一精
この作品に関しては、テクニックはさほど難しくはありません。要となるのは完成度の高さ。パターンにしても刺繍などディテールの作り込みにしても、職人レベルの高い技術が必要とされます。1次審査通過のお知らせをした際、アドバイスとしてそう伝えました。けれど仕上がりは、写真で見ると色の美しさが印象的ですが、実物を見るとまだまだかな。誰にでもできる作品になってしまった気がします。僕たちの期待を裏切るような、若い人たちのパワーを感じさせるような、そんな新しい価値観を持った作品を見たいんです、装苑賞では。だから必ずしもデザイン画に忠実に作る必要はないと思っています。でも丹羽さんの作品はデザイン画のまま。真面目すぎます。刺繍が好きなら、そこまでする?と言わせるくらい、芸術性の高い刺繍を施さないと。素材もオリジナルにこだわらないと。装苑賞という大きな舞台で作品を作る。その意識をもっと持つことが大切です。
丹羽孝海