選者:岩谷俊和
色と素材のコンビネーションはよく合っていますが、果たしてキノコに見えるかな? ポートフォリオで表現したみたいに、キノコ一色の世界観をもう少し作品に反映させてほしいです。テーマを知らない人が見ても「キノコだ!」と思うくらいの。素材はコンピュータニットで仕立てたリブつきのチュールで、オリジナルのテキスタイルなんですね。自分でプログラミングしたの? すごいね。でもリブの配置がちょっと変? 股の部分はなくていいよね。全体的にはいい出来なんです。形もコーディネートもいいし、バックスタイルも含めてよく考えてデザインされています。けれどリブの配置を筆頭に、細かいところの詰めがちょっと甘い。腕に入れたボーンは、入れ方を工夫したらデザイン画のような迫力感がもっと出るよね。ショートパンツにダーツを入れて立体感を出してみたり、リブは小さいサイズも用意して表情を変えてみたり。そうしたら完成度が上がるはずです。
ペンウォンシリ・ペンワディー