選者:三原康裕
上下どちらでも着られる無縫製の服。幾何学的なパーツにそれぞれ切り込みを入れて、それで形成しているんですね。天狗のデザイン画だけを見ると、どうやって作品に落とし込むのか想像できなかったけれど、実物を見て驚きました。空間把握能力がないと思いつかない作品です。いくつか意地悪な言葉を考えていましたが、その必要はなくなりました。コンセプチュアルでありながらも、問題定義と問題解決の両方を表現しているところがいい。そのうえ美しいドレスとしてちゃんと形にしたことも素晴らしい。伸縮性のある素材にしたから平面の作りでも体に合わせて立体的になります。このパーツのサイズ感も絶妙。あらかじめ小さなサイズでサンプルを作って確認しているんですね。制約を自分で決めてデザインする。そこから生まれる発想はオリジナルでしかないんです。だからソンさんは本当にすごい。感服ですね。ほか2体の作品も見てみたいとすごく感じました。
ソン・セイ