選者:髙島一精
ブレイクダンスやスケートボードなど、ストリートの要素から生まれたコンセプトと、独特なオリジナルのテキスタイルが、1次審査でおもしろいと感じて選びました。実物を見てあらためて、このテキスタイルはどうやって作ったのかと思いました。1本ずつ糸をそろえ、その上からミシンをかけ、糸を引っ張ってうねりのあるシャーリングを施したんですね。真っ白な炎が揺らめいているみたい。短い制作期間でここまで作り込んだのはすごい。けれど、それがあまり伝わってこないのがもったいないです。造形的にもきれいに完成しているから、なおさら惜しい。もう一つの課題は、重さ。これだけ糸をたっぷり使っているからしょうがないけれど、改善したほうがいいと思う。もしこの2次審査を通ったとして、あと2体を制作するにあたり、コンセプトにこだわるか、それともデザインに寄せるか。どちらの方向性に持っていくかが、作品全体の大きな鍵を握る気がします。
小口大輔