選者:髙島一精
縮絨させたフェルトとニードルパンチ、どちらも昔からあるテクニックです。いかに新しく、おもしろく表現するかが重要。びっくりさせてください。と、1次審査通過の際にアドバイスをしました。完成した作品を見ると、そこまでびっくりはしないかな。他の候補者と同じく、デザイン画に忠実、というのが率直な感想です。もう少しニードルパンチで作り込んでほしかった。ビニールを差し込んだ理由は? 浪越さんが話すように、もう少し透明度の低いビニールを使って表現したかった、ぼやけた残像を出したかったですね。透明すぎて、作品が持つ世界観を壊してしまった気がします。デザイン画に忠実になる必要はありません。ですが袖の膨らみなどボリューム感はおもしろいので、パターンをよくしたら迫力が出て強さも出てくると思う。でもその前に、浪越さんは真面目だから自分の殻を破ってください。もう一歩先に踏み出して新しい自分を見つけてほしいです。
浪越くるみ