選者:岩谷俊和
モデルの手に持たせた人形モチーフのパーツが可愛いですね。綿を入れて立体的にしたのがいい。そのパーツをドレスにつけてもよかったかもしれない。たとえばウエストあたりとか。柄を変えたパーツをたくさん用意して全部つけたり、その上から刺繍を刺したりしても。そうしたら作品全体の完成度がもっと上がったかもしれません。おもちゃ箱をひっくり返したようなグラフィカルな生地は、オリジナルなんですね。オウさんは絵が上手なうえにグラフィックデザインのセンスが素晴らしい。でも作品になると、そのオリジナルの生地を使ってパターンも工夫しているわりにはスケールが小さいんです。デザイン画だとラペルの部分は強調されて描かれていますし、オウさんもそう意識して作ったといいますが、実物はそこまで効果的な役割を果たしていない。目を凝らしてみると細かくやってはいるけれど、柄合わせや縫製など技術力にまだ甘さがある。あともう一息!ですね。
オウ・チヒョウ