選者:三原康裕
服を脱ぐ行為をテーマにする、その着眼点がいいなって思いました。またポートフォリオからはスポーティな要素が伝わってきて、今っぽいし若さもあって、ファッションの中で呼吸している感じがしていいなと。だから作品を楽しみにしていましたが、なんだかわからなくなってしまいましたね。もっとストレートに表現してもよかったんじゃないかな。やりたいこととデザインに振り回されています。作品を手がける時は、異常なくらいの客観性を持つことが大切です。僕としては、女性にしか表現できない上品さやはかなさを作品に込めてほしい。トーガのデザイナー、古田泰子さんが昔、同じように、脱ぐ行為にフォーカスしたコレクションを発表したことがあります。それを見て男の自分には作れない服だなってすごく感じた。河村さんもできると思う。ポートフォリオからそう感じるから。脱ぐ行為から何を伝えたいのか。そこまで考えて作り直したら劇的にいい作品になるはずです。
河村うらら